花鳥風月

IMG_1896.jpg


21世紀に入ってからこれまでで最大のサイズになる。

68年ぶりの超特大スーパームーン。

NASAによると、最大で14%大きく見え、30%明るくなるという。

11月14日はお月見ですね。


日本人はすべからず信用で生きてきた。
これからもそれでいいと思う。
客よく店よく社会よく。

花鳥風月
川の瀬音
膝抜き

口にすることは殆どない。
その理由は、すでにこれらが動きの中に溶け込んでいるから。





スポンサーサイト

ねこグリップ

DSC_0691.jpg


落ち葉が舞う季節になりました。
体温を下げないよう
気を付けましょう。

風邪の症状が治る
と言われています。

交感神経を正常に戻してやれば
神経が治癒に働いてくれ
風邪の症状は治る。


手足の指の水かきをつまんで
交感神経を活性化させる。

これだけです。
入浴時にいいかも。


神経が治癒に働いてくれて
風邪の症状は治るそうです。

そういえば

ねこグリップ
バランスをとるとき
いい
そんな気がするのですが
どうでしょう。

NEWモデルヤマハ除雪機「YT1380」

IMGP0511.jpg


NEWモデル、ヤマハ除雪機「YT1380」です。
新デザインの操作パネルと新サイドクラッチが「ほうっ」で感じです。
いつかはARと思いも有りながら、価格性能そこそこいいですね。

バッテリーを下に移動し
サイドクラッチの変更により
旋回操作が向上しています。

スキッドの形状変更も
関係しているのでしょう。
皆さまは、どう思われますか。


歯磨き

DSC_0786.jpg


あれよ・あれよと、もう10月ですね。
今日もバイク日和お楽しみください。

思わず納得?人類の進化

私は9枚目と思います。。(^^ゞ


皆様は、いかがでしょうか。

気をつけろ!60すぎたら

されど歯磨き

さてどうでしょう。


決めない旅

お山へ




今日は、ひらひらと霧雨。

いいなぁー

シールドを流れる雨もまたきれい。

はっぱのしずくのように。



昔は、とにかく遠くに出かけていた。

しかし、今は近くの面白さがわかるようになった。

近くの良さを増やそうとしている。





モノ余りの時代

人工知能の時代

リアリティの時代

感性と個性を開放する。

さて皆さまはどのような未来をお考えでしょうか。

------特別会計



ゴールを決めない旅も面白い。

むしろワクワク感はゴールを決めない時が大きい。

道に迷った時は、とことんまで迷う、寄り道する。

すると知らない世界のものに出会う。

お遍路的でもある。




何かわからんけど楽しいからやってみた。
やっぱりバカだった。
でもたまに凄いことになった。

朝つーで思うこと。


そういえば火星に、前方後円墳そっくりな構造物?があるらしいですよ。


秋色

月山から




国立遺伝学研究所教授研究チームが、「縄文人」との遺伝情報の共通部分は約15%である。

研究を発表した。



言葉で分かり合おうとすればするほど
すれ違ってしまうことってありますよね。

余計な言葉を捨てて素直になれば、
本当に必要なものが見えてくる。

http://izu.keizai.biz/headline/514/



お召し列車 なごみ


バイクで脳幹を刺激するも、かろやかな季節となりました。

(^_^;)

気象学習

2016.png


先日教えていただいたサイトです。

備えと予測にいかがでしょうか。

ありがとうございました。

気象予報



自動運転車。

日本においても2020年に無人タクシーが実用化する可能性が高い。

無人タクシーの成功がきっかけとなり、貨物から旅客に進展していくとされる。

高齢運転手の離脱、若い人は運送業を敬遠。
運送業者は、運転手確保で四苦八苦。

荷台にバイクを運び固定しますが、さてどんなモジュールでしょう。

自動運転



人工知能から学ぶ人間らしい邪念から独創的学習へ



面白い雲

DSC_0997.jpg



最近面白い雲と出会うことが、不思議です。

フレームに収める前がもっとリアル。

まあ、何かに見えてる気になっているだけかもしれません。

日の入りの空は少しの時間が、生命感あふれているような。

終業時間を変え、野良仕事もでき、ありがたいことです。

今年はずーっと、野良仕事です。

昨日でやっと木の始末を終えた。

今朝点検したら新たな不都合。

まだまだですな。

軽トラは狭いから涼しいぞ、と聞いていました。

あれっ?と思うも気にしないことに。;)




人の言うことは気にするな。
「こうすれば、ああ言われるだろう・」こんなくだらない感情のせいで、どれだけの人がやりたいこともできずに死んでいくのだろう。
ジョン・レノン



つましい暮らし 。
寿命が長いとか短いとかではなくて、その肉体とともにどこまでやり遂げたかが重要なことです。



体を最後の最後までしっかり使い切って返していくことなのです。
死ぬことは間違いなく保証されていますから。


朝っ~再開

IMGP0504.jpg


朝っ~再開です。

山を越え海と描いていましたが、鬼坂を越えなぜか左へ。

ずんずん山へと進み滝を眺め、湯殿山を拝みながら湧水を頂きました。

路面は苔が生え、落ち葉と枯れ枝が散乱しており、トリで走りたくなるコース。

先の部落で軽トラの爺さんが現れ、こりゃだめだと引き返すことに。

下りはおいおいと言われそうなペース。(^^ゞ

ちょっと早めに到着でしたが、運送屋さんと同着という偶然。

結果よければですね。

夏は終わりましたね

DSC_07891.jpg


夏は終わりましたね、風がというか私のアンテナがそう捉えたようです。
夏の暑い日にバイクに乗ると修行というか、自己鍛錬のような時もあります。
これからは快適ですね。

乱世をどう生きるか?
かなりリアルな問いでした。

戸惑いながらわくわくしている。
いつ食えなくなるかわからない、という状況がむしろ「生きている」という実感を高めている。
今は毎日「生きている」という実感が強くあります。

「還暦」意外に大きな壁と想い、今日を生きています。
そうなると死への甘美な誘惑がたまらない。

どこの里山だろうと山遊びの醍醐味のひとつは間違いなく死との近接である。
歩いても、バイクで走っても、自身のアンテナがよみがえる。
身体を養生し続けるために、里山を走っているわけです。


プロフィール

moon

Author:moon
んだのぉ~と庄内地方鶴岡市から
食材に恵まれ、うめのぉ~と
城下町映画のまち

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR