テネレ

IMGP0526.jpg



このバイクも、かれこれ30年たちました。
逆輸入なんて、まだ稀な時代でしたね。

なにをどう思ったのか、このバイクで野山を走りたい。
今も過去も、あほな兄ちゃんもおれば、あほなオッサンもいるわけです。

2台なら、運送屋さんより早いし安いでしょう。
と言うことでお江戸へ。
仕事用のトラックを借りて日帰り。

まだ、見たことも触れたこともないバイクでした。
箱を開け組立て、む・これはやはり良いバイク。

いまだから言えます。
おまえら、あほ。(^_^;)。

しばらくぶりに対面すれば、そんな記憶が蘇ります。
そろそろ乗るぞと言われ、あいよ!と持ってきたが、はて部品は・・・
まずはタンクのサビから、あとは追々考えます。
テネレって、ひびきいいな~。


スポンサーサイト

雨の朝

DSC_1145.jpg


雨の朝は車内から。

まあ、あれです。


おおちゃくもの。




ワクチン、どうなんでしょう。


動物である私たちも過去は自給自走でした。

大事に育てているお子さん。

世の流れではなく。

ご自身の考えを深めてください。


縦断駅伝

DSC_1148.jpg



縦断駅伝、遊佐町をスタートしましたね。

たしか大山からこちらへと記憶してます。

11時ごろにはここを通過します。

皆さんを応援するために旗を持った方々もこられます。

30年ほど見ていますが好天であるような感覚です。

今回もそうであればと願うばかりです。

新人白バイ隊員の初仕事でもあります。

ところでこの草。

多くなりました。

土の状態が良いのでしょうか。

気になり観察しています。

皆さんはどう思われますか。

ゆとり教育と同じでは。


さくら桜

庄内平野の桜は

ほぼ終わりです。

これから山桜

そして八重桜が開花します。

ピンクナンバーで

ここでしょう。

そんなスポットを

捜しにいきます。


IMGP0518.jpg

夕日が綺麗でした。

桜探しに行くのかな。


SRX6

IMGP0522.jpg


今日は雨そして新月ですね。
良い季節になりました。

朝仕事が楽しいです。
今朝も地味に草の始末を。

いい季節だなあ。


ところで生き残れるか

こ汚い仕事なので、ロボットも無理だそうです。(^^ゞ

サビ錆でも部品が無い。
工夫するしかありません。

音とタッチ感が戻ればやる気が出ます。

手が痛いので休憩です。





スコルパの日光浴

滝



色々あっても春はくる。

ほんと暖かくなりましたね。
日光浴が楽しい今日この頃です。
さくらの開花予想は4月11日とのこと。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

寄る年波を実感する今日この頃だ。
まあ何というか耳掃除のやりすぎ?
たぶんそうですぽっころり膨らんでしまいました。
(あほ(^_^;)

各タイヤメーカーさんから、お得プライスが提示されました。
この機会に、いかがでしょうか。
ゴールドウイン春夏商品もボチボチ入荷予定です。

キャブ車の場合こんな日差しにたっぷり日光浴。
あっさり始動しますよ。
ついでに怪しいところはないか点検しましょう。
やっぱ春の気配はいいな。。


ところで除雪機収納時の注意点。
フエルタンクは満タン。
フエルコックはホース排出。
キャブのガソリンが抜けます。
フエルコックはそのままで。
収納してください。

スコルパの日光浴これから始動してみます。


TGRセロー250用

222000.jpg



前回セロー250用、TGRテック1.1をご紹介しました。

初期の動きがソフト

奥ではしっかり踏ん張ってくれる。

コースを全力で走ってジャンプ

には向かないであろうが。

エンジン特性に

とても向いているサスでした。

はっきり言って

ノーマルが好くないということでしょう。

そして今回は

TGRテック5.1を、ご案内させていただきます。

装着試走しおりませんが

画像でもご理解いただけるのでは。

ホンダたおれないバイク日経に載っていたので再度。
ところで
CRF250ラリー
コンセプトに等しい仕上がりですね。
「まあそのコンセプトを聞いたことはないのですが」

(^_^;)

アルミテープ


トヨタが発表した。

アルミテープチューニングが最近巷で評判です。

車体が帯びた電気を、最適に配置したアルミテープによって効果的に放出。

これにより走行中の車体の空力バランスを部位ごとに変化させ、直進安定性、回頭性などの向上に寄与している。

きになるかたはこちら

バイクではどうなのかな。。


若者の声

東京国際フォーラムにて第九回くにまもり演説大会


出場者動画


日本人の魂は不滅ですね。


大吹雪の日

11111.jpg



酉年ということで、鶏はどこから来たのか。
子供のころは農家の軒先に居り、コッコと鳴いていました。
遊びに行くと観察していましたが、こいつとこいつは気が荒いから気をつけろ。

そう言われれば確かに怖い顔で、襲われそうになったことも。
後に知ったことですが、恐竜の末裔と教わった。
そして、インドシナ半島あたりで生息していたらしいです。
かつては、時つげ鳥、闘鶏、観賞用とされたようで、食用「工業製品」となったのはアメリカらしいです。

ところで、ちょっと昔に戻れば農家なら家の中に牛や馬が大事に飼われ、また犬猫も飼われていましたが、食料風景を思い出せば扱いが違っていました。
その頃は、山で猟をする方々もそこそこ居ましたから、きじ、かも、うさぎを食べる習慣がありました。
世界には、200兆いるとされるニワトリ、見かけることもなくなり、生みたての卵を握ることもなくなりました。

http://www.boredpanda.com/shops-help-stray-animals-istanbul/
イスタンブールを襲った大吹雪の日、ストリートで暮らすイヌやネコたちにショッピングモールが開放されました・・というお話。



プロフィール

moon

Author:moon
んだのぉ~と庄内地方鶴岡市から
食材に恵まれ、うめのぉ~と
城下町映画のまち

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR